新作もゾクゾク登場♪エロかわデザイン盛りだくさん

レガシィ bp5 ドアミラー交換

社用車レガシィbp5のドアミラーを交換したので
手順を記載しておきます。未来の自分用覚え書き。

交換前。一見正常に見えますが・・・。

外装カバーが浮いてパカパカしています。

ドアを閉めるたびに、カシャっと嫌な音がしますし、
洗車機を通すときも剥がれて飛んでいくんじゃないかと
ヒヤヒヤしますし、思い切って交換することにしました。

ヤフーで落札したドアミラー左右です。送料別で4,000円でした。

まずは、ドアミラー裏の三角のカバーを外します。
手で簡単に外れます。

このままだと矢印部分に隠れている3つ目のボルトに
アクセスできないので、ドアの内張りを剥がしていきます。

ドアグリップカバーの中にネジが隠してあるので
まずはこれを外します。

傷をつけないように養生して・・・

内張り剥がしを突っ込んで手前にこじります。
上のツメが外れたら、あとはまっすぐ手前に
引っ張れば外れます。

上下に一つずつ、ネジが隠れています。

ドアレバーの奥にもネジが一本隠されています。

このカバーをきれいに外すのは、私のような素人には
難しいのですが、ネットでいい方法が紹介されてました。

上のように細いインシュロック(タイラップ)を通します。
あとは上下を持って引っ張れば、バカっと手前に外れます。

ネジが一つ見えますね。

合計3本のネジを外せば、ドアの内張りを剥がすことができます。
下の方から手前に引っ張るか、内張り剥がしで丁寧に剥がすかは
お好み次第ですが、コツは思いっきりやることです。
上の方はドアに引っ掛けてあるので、最後に持ち上げるようにして
外すことになります。

外れました。内張りには足元ライトやパワーウインドの配線が
接続されているので、引っ張り過ぎに注意です。

ドアミラーの10pコネクタを外しておきます。
結構硬いですが、ツメをしっかり押し込んで
引っ張れば外れました。

見えているボルトを8ミリソケットで緩めます。
その後、ドライバーに持ち替えて外します。

そのままソケットで外してしまってもいいのですが、
左下のボルトは落とすとドアの中に落ち込んでしまうので
マグネットでくっつくドライバーを使って外したほうが
無難と思います。私は落としましたw

新旧品比較。見た目は既存品のほうが新しいんですけどね。

あとは外したときと逆に取り付けていけば、
ドアミラーの交換完了となります。

助手席側ドアミラーは以前ぶつけて壊したことがあるので
念のため、予備品としてとっておきます。

運転席側はたぶん使わないので、ヤフオクに出品します。

自動車

Posted by customer